SomeTime通信

日記や興味のあるニュースについて時々書き記します。
サッカーワールドカップ、大久保選手の選出について
0
    サッカーは一番好きなスポーツだけど、数世代前から日本代表チームにはあまり興味がない。特に今回の選手たちに関しては知らない人が多いという感じ。日本のサッカー自体に興味が薄れてしまった感がある。昨日、選手選考に関し、元日本代表の北澤氏が解説をしていて、大久保選出に関し面白い意見を言っていた。自分は浦和レッズが一番好きなチームでというか、チームだったというか、大久保世代で言えば、田中達也が一番好きな選手だった。彼にはぜひワールドカップに出てほしかったが、怪我が多く、選出はなかった。大久保よりも田中が上と思いつつ、大久保がFWだけではなくMFのポジションでも活躍できる姿を見て、凄い選手だなとは思えてきた。性格には若干問題があるようにも思えたが、31才でしたか、スポーツ界ではベテランの位置。でも、元レッズの長谷部とは1才しか変わらないが、魅力の面では正直にいって格段も上と思う。そして今回、大久保が選ばれ、代わりに先行から外れたのが、同じく元レッズの細貝。細貝については、正直に言えばそれほどの選手とは感じられてはいなかったが、他の選手も魅力を感じない選手が多いので、出てくれれば応援したいとは思っていた。ただ、今回のザックの選択、怪我人などの考慮も含め、あるいは含めないとしても、大久保が本番でピッチに立つことには魅力を感じる。監督の選択を支持しつつ、ぜひ、本番でも使ってほしいと思った。
    JUGEMテーマ:スポーツ


    | サッカー | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
    レッズは監督を解任したけど
    0
      一昨日、大好きであった(過去形?)浦和レッズが、
      オジェック監督の解任を決定しました。

      そして、ブッフバルト前監督の時から、
      コーチとしてチームを支えてきた、
      エンゲルスコーチが監督に就任しました。

      エンゲルス新監督は、浦和レッズのコーチになる前から、
      他のJチームでの監督経験もあり、
      監督経験の無いブッフバルト政権に入った時にも、
      実質的な監督なのではと思ったほどの人で、
      ブッフバルト前監督退任の際にも、
      個人的には、原FC東京前監督などの候補より、
      適任だと思っていました。

      短期間で結果を出すのは非常に難しいことだと思いますので、
      浦和レッズ経営陣には、気長に見守っていただくことを、
      切に願います。

      しかし、何よりも許せないことはと言うと、
      浦和の経営陣そのものだと思います。

      オジェック監督がチームにフィットしていなかったことは、
      正直、就任直後にも感じていました。
      多くのレッズファンはそう感じたのではないでしょうか。

      そして、舵取りを誤り、
      レッズを愛した偉大なFW、ワシントンを追い出し、
      成果を出せなかった小野伸二を追い出し、
      結局はオジェック監督を惨めな形で追い出してしまった。

      経営陣は多くの人間の人生を踏みにじったように感じます。
      この責任は藤口光紀社長にも絶対にあると思います。
      どうして彼は今のポジションを失わないでいられるのでしょうか。
      チームを立て直すことも責任かもしれませんが、
      彼こそ、レッズ低迷の最大の責任者だと思います。
      少しは責任を感じて、引責辞任をすべきだと思います。

      何はともあれ、テレビ観戦でも、スポーツニュースだけでも、
      観ていて楽しい、応援したい!と思えるチームに戻って欲しいと思います。
      | サッカー | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      やはりレッズは
      0
        久々のサッカー、レッズネタです。
        続きを読む >>
        | サッカー | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
        魅力が薄れる浦和レッズ
        0
          Jリーグが開幕した当初から、
          浦和レッズには弱くても魅力を感じ続けてきた。

          そんな浦和がナビスコカップ、天皇杯の優勝を経て、
          2006年、リーグ優勝を果たした。

          その当時のブッフバルト監督とメンバーで、
          魅力的には最高値に達していた気がする。
          続きを読む >>
          | サッカー | 11:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
          中田英寿氏、フィリピンに現る
          0
            先日のワールドカップを最後に、
            サッカーの選手生活に終止符を打った中田英寿元選手。

            昼間にネットで、フィリピンに現れて、
            サッカーを教えるなど、
            行動と意思が伝えられました。

            それを読んで、今週末にタイに行く自分は、
            あぁ、自分もフィリピンに行くことにしておけば良かった、
            なんて単純に思いました。

            先ほど、そこでサッカーをする中田氏の映像を見て、
            なんだかとても嬉しくなりました。

            彼の映像を見ただけど、
            自分も世界中の色々な人へ、
            少しでも役に立てることを、
            体を使ってしてみたいなって思ってしまいました。
            | サッカー | 22:48 | comments(0) | trackbacks(6) |
            サッカー、稲本選手がトルコの古豪に移籍
            0
              ネットの記事を拝借します

               サッカーのイングランド2部リーグのウエストブロミッジから、トルコ1部リーグのガラタサライへ移籍したMF稲本潤一が1日、イスタンブール(トルコ)のクラブ施設で契約書にサインし、「自分のキャリアの中で、違う国でプレーするのは大事だと思った。欧州チャンピオンズリーグにも出られ、サッカー人生で重要な位置になる」と新天地に飛び込む決意を語った。背番号は23。契約は1年で、クラブが1年延長する権利を持つ。

               この日午前に初めて練習に合流し「経験のある選手がたくさんいるし、若い選手もいる。ここでプレーするのが楽しみ。(ベルギー人の)監督をはじめ英語を話す人もいて、やりやすい」とチームの印象を語った。(共同)

               メディアも期待大      
              トルコリーグで初となる日本選手の入団発表には、テレビカメラ数台を含む約50人の地元メディアが詰め掛けた。

               熱気に包まれた会場で、稲本は「プレッシャーを感じるが、監督から欲しいと言われてプレーするのは誇りに感じる」と気を引き締めた。

               国内屈指の人気チームが獲得した新戦力だけに、同席したクラブ幹部にも「稲本はスターになるか」など活発に質問が飛んだ。(共同)




              サッカーの稲本選手がトルコのリーグに移籍するそうです。
              個人的に、引退した中田英寿と小野伸二選手と、この稲本選手が、
              視野が広くて他の人と格が違うプレーを見せてくれるので、大好きです。

              トルコのリーグというと、欧州の主だったリーグと比べ、
              あまりどういう所かもわかりませんが、
              ぜひ、新天地でレギュラーとなり、
              活躍して欲しいと思います。
              | サッカー | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
              サッカー、8月16日日本対イエメン戦を見て
              0
                お盆で会社が手隙といこともあり、
                いつもより1時間早く、8時頃、
                家に帰ることができ、サッカーの日本代表のイエメン戦を
                観戦することができた。

                まだ観ている途中ですが、解説者が格下相手に前半0−0を
                批判していることに、ちょっとムっとしながら、
                0−0だから面白いところから観れるなという喜びを感じました。

                大体、セルジオ越後の発言は批判ばかりで、
                10年以上前から嫌いで声も聞きたくないのですが。

                現在、1−0でリードですが、
                試合の結果はどうあれ、個人的にはジーコ監督の時よりも、
                観ていて、何かが期待できる試合だと思いました。

                ジーコジャパンは日本人がただのブランド好きで、
                “実”より“名”を取ったのに対し、
                トルシエジャパンやオシムジャパンは、
                “実”のあるサッカーを観れそうで、今後が本当に楽しみです。

                それにしても越後の発言が気に入らないです。
                批評家とはそういうものだから、仕方ないのですが。
                | サッカー | 21:09 | - | trackbacks(0) |
                長谷部選手、日本代表入りおめでとう!
                0
                  サッカーの最新の日本代表選手が発表された。
                  その中に浦和レッズに属する21歳の長谷部選手が始めて選考された。
                  おそらく今回の選考の中で最年少だろう。

                  自分は浦和レッズが一番好きなので、
                  どうしても贔屓目になるかもしれないが、
                  長谷部選手はそういう贔屓の考えなしでも、
                  充分、選ばれて良さそうな選手だと思う。

                  攻撃に効力のあるディフェンシブなミッドフィルダーという存在で、
                  イギリスに渡っている稲本選手に似ているのではないかと、
                  自分は考えています。
                  トップ下でも充分働きができるし。

                  ジーコ監督の選考はいつも鹿島の選手ばかり選んでいて、
                  偏りすぎていて、協会代表の川淵氏も、バックアップしているので、
                  正直、ジーコジャパンが好きになれませんでした。

                  ジーコが選ぶ鹿島や元鹿島の選手には、
                  鈴木、柳沢、小笠原、本山などがいて、かつては奈良橋や秋田まで
                  選んでいました。
                  個人的な意見から言って、
                  この中で本当に残れるのは小笠原くらいではないかと思ってます。

                  鹿島関係の選手を好んで選んでいても、
                  本当の強いチームはできないし、
                  未来の日本代表を考えると、一人くらいは若い層からと思い、
                  長谷部などは選ばれるべきだと思っていました。

                  日本代表のMFは一番人材が揃っていて、
                  これから食い込むのはかなり難しいとは思いますが、
                  できれば実力を発揮する機会を与えてもらい、
                  最終選考にも通って欲しいです。
                  | サッカー | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  トルシエがジーコに挑戦状
                  0
                    サッカーの日本代表前監督トルシエ氏が、
                    現在就任しているモロッコ代表を率いて、
                    日本との試合を望んでいるという記事を目にした。

                    協会トップの川渕氏は、賛成を示したらしいが、
                    ジーコ現監督が当然のごとく拒否をしたとか。

                    ジーコの日本代表には未だにコンセプトが感じられず、
                    得意としている欧州のチームばかり相手にしたがっているとか。
                    南米など個人技のあるチームと戦ってこそ
                    レベルアップに繋がるはずなのだが、
                    更迭を恐れているのかいないのか。

                    この時期に南米チームに大敗したとしても、
                    ご贔屓にしている川渕氏がトップにいる限りは、
                    お役御免はないだろうに。

                    | サッカー | 23:01 | comments(0) | trackbacks(4) |
                    チャールトンが中田狙い
                    0
                      プレミアリーグのアーセナルに続き、
                      チャールトンがボルトンの中田英寿獲得に動き出しているとか。

                      記事はこちら

                      中田英寿は現在は正式にはイタリアセリエAの、
                      フィオレンティーナに所属し、レンタルでボルトンに在籍している。

                      前年あたりまでは監督との折り合いもあり、
                      あまり活躍ができなかったが、
                      イングランドへ移り、実力を発揮し始めている。

                      ボルトンは正式契約を望んでいるが、
                      あまり高額での契約はできないらしい。
                      これに対し、アーセナルとチャールトンは巨額の移籍金等を
                      用意しているとか。

                      サッカーは野球に比べると、運動量も激しく、
                      28歳ともなると、かなり高年とも言える。
                      日本のプロ野球巨人軍では、
                      恐らくは巨人のOBでいたいがために、
                      30歳そこそこで引退した人もいるが、
                      それに比べ中田英寿は、
                      この歳でまだまだ世界の強豪が必要としているのだ。

                      本当にすごい人だ。
                      まだまだがんばって欲しい。
                      | サッカー | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENT
                      RECENT TRACKBACK
                      ジョグノート
                      JAL card


                      4travel
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE