SomeTime通信

日記や興味のあるニュースについて時々書き記します。
<< 全日空のCMは中国語を侮辱? | main | キユーピーさんより、株主優待の品が届く >>
ガルーダインドネシア航空の行方は?
0
    ここ数年、ワケアリでインドネシアの首都、
    ジャカルタへ行き続けています。

    成田空港から、ジャカルタへの行き方は、
    まず、直行便で日本航空JALが、
    毎日、便があります。

    行きは11頃の出発で、夕方に着いて、
    帰りは夜発で寝ている間に朝、成田へ戻ってきます。

    それに似た航路としては、インドネシアのフラグシップ、
    ガルーダインドネシア航空があります。

    こちらは、単純往復ではなく、
    成田−バリ−ジャカルタ−成田、と言った具合に、
    バリとジャカルタのどちらかに行こうという、
    言わば、乗り合い飛行機的なところがあります。

    その他には、シンガポールや香港、
    台湾や韓国、マレーシアを経由していく便があります。

    ボクは今のところ、JAL4回、ガルーダ1回という割合になっています。

    シンガポール航空などに安く乗る場合、
    格安航空券の利用になり、若干遠回りになりますが、
    何よりも座席指定ができない点が、一人旅ではマイナスに感じます。

    香港経由のキャセイパシフィックだと、
    JALよりも安く、ネット経由で座席指定できるらしいのですが、
    乗継が悪く、JALなどより3時間程、長く時間がかかってしまいます。

    JALとガルーダを比べた場合、
    価格ではガルーダの方が1〜3万円くらい安く、
    ビジネスクラスも12万円くらいからと、格安になっています。

    サービス面ではどちらでも不満はなかったですし、
    ガルーダの方が、CAさんの衣装が民族風味を出していて、
    気分が乗るかもしれません。

    座席指定はJALは座席表から指定ができますが、
    ガルーダはWEB上からは、窓側か通路側というリクエストが
    できるだけです。

    というわけで、正直、ガルーダの方が安いし、
    選んでしまいそうです。

    が、自分はJALを多く選んでいるのは。
    なんと言ってもマイレージプログラムのせいでしょう。

    マイレージプログラムは、もう多くの人が知っていると思いますが、
    搭乗飛行機距離に応じたマイルや、
    クレジットカード利用でマイルを貯めて、
    無料航空券などを獲得できるサービスのことです。

    JALは言うまでもなく、日本のフラグシップで、
    国内での利用機会のほか、タイや台湾のほか、
    欧米方面にも利用機会があるのです。

    そんなこんなで、無料航空券を獲得することができれば、
    安いガルーダよりも割安になるのではないかという企みから、
    JALを選んでいます。

    ちなみに、ガルーダでは、独自プログラムはありましたが、
    日本在住の人の加入は認められていませんでした。

    ガルーダでの搭乗分はアメリカのノースウェスト航空の、
    ワールドパークスというプログラムに加算され、
    ワールドパークスのマイレージは、
    ガルーダでの搭乗券に換えることができます。

    さらにノースウェスト航空について言うと、
    スカイチームというアライアンスに加盟しています。
    同じスカイチームの航空会社、
    例えばエールフランスのプログラムでマイルを貯めれば、
    ノースウェストで特典航空券と交換できますが、
    ガルーダはスカイチームの会員ではないので、
    ガルーダの航空券はもらえません。

    日本人にとっては、ノースウェストのプログラムだけが、
    ガルーダとの関係があったのです。

    先日、ガルーダのマイレージプログラムに、
    日本在住の人が加入できるようになると、
    案内のメールが来ましたので、資料請求をしてみました。

    でも、よくよく考えると、ガルーダのプログラムだと、
    期限も短い上に、クレジットカード利用などでマイルが貯められず、
    アライアンス未加入のため、かなり不利なプログラムだなと思い、
    加入は見送りました。

    と、ここまで、話が長くなりましたが、
    そんなガルーダインドネシア航空について、
    先日、日経新聞で記事が出ていました。

    記事によると、インドネシアは国営企業の多くを、
    民営化させる方針で、まっさきにガルーダの名前が出ていました。
    さらに記事では、単に民営化ではなく、
    売却も考えているらしく、
    ドイツのルフトハンザ、タイ航空、シンガポール航空などが、
    その売却先に上がっているとか。

    なんと、その3社とも、スターアライアンス加盟の航空会社です。
    となると、ガルーダはいきなり、
    スターアライアンスの傘下に入る可能性もあるのかなという感じが
    してきました。

    現在、世界の航空会社は、JALが4月から参加を表明している、
    ワンワールドと、ANAが加盟しているスターアライアンス、
    そしてスカイチームの3つの同盟があります。

    自分は今、JALのマイルと、スターアライアンスに参加の
    ユナイテッド航空でマイルを貯めています。

    JALでは過去、2回、インドネシアへの無料航空券を
    ゲットしました。

    ユナイテッドでは今年の夏、友人と2人でタイへ行く
    無料航空券をゲットしました。しかも1回も乗らずに。

    有効期限の短いJALで頑張って貯めてきましたが、
    ガルーダがどこかの傘下に入ると、
    ガルーダでUAのマイルを沢山貯めて、
    シンガポール航空のビジネスクラスで、
    インドネシアへなんて、新しい夢が実現するかもしれません。

    ガルーダインドネシア航空、今後どうなるか、
    楽しみにしたいです。

    ガルーダ・インドネシア航空
    | 旅@インドネシア | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://komu55.jugem.jp/trackback/617200
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    RECOMMEND
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    RECENT TRACKBACK
    ジョグノート
    JAL card


    4travel
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE